歯周病はどんな病気?こんな時には歯医者で受診して

症状が見られたら歯医者へ|放置していると歯を失うかも!?

歯周病かも?要注意の症状

  • 起床時に口の中に不快感がある
  • 歯磨きをすると出血が見られる
  • 歯茎が腫れている
  • 歯と歯の間が広がったと感じる
  • 歯茎に違和感がある

早期治療がポイント

歯周病は放置ししていることでその症状が進行してしまう病気となっています。上記の項目が多く当てはまるのであれば、銀座の歯医者で受診する必要がありますよ。今一度歯周病の基本を確認し、発症してしまっていないかを確認しておく事が重要となるのです。

歯周病はどんな病気?こんな時には歯医者で受診して

レントゲン

歯周病の原因とは

口内で発生した細菌の影響で歯茎に炎症が発生し、症状が進行してしまうのが歯周病です。どうして歯周病が発生してしまうのかと言うと、普段のお手入れが行き届いていない事が挙げられるでしょう。細菌が多く発生する状態が継続すると、歯肉部分が腫れ上がってしまうのです。

症状を放置していると危険

歯周病の症状が進んでしまいますと、歯茎がどんどん弱くなってしまいます。最終的には歯を支えきれないほどになってしまい、結果的に歯を抜かなくてはならなくなります。そのため、まずは歯茎が赤く腫れてしまっていないかを確認しましょう。症状がまだ軽度な内に銀座の歯医者で治療を開始する事がお勧めなのです。