腰椎椎間板ヘルニアの治療は早めが肝心|医療機関に相談しよう

腰痛や手足がしびれる時

看護師

激しい腰痛の対処

ある日突然ぎっくり腰のような腰痛に襲われることがあるかもしれません。それはだだのぎっくり腰ではなく、腰椎椎間板ヘルニアが原因かもしれません。では痛みが出てしまった時はどうすればよいでしょうか。まずは治療を受ける前に、横になり楽な姿勢で3日ほど安静にしましょう。それから筋肉が炎症を起こしているので痛むところを冷やしましょう。痛みがある間はお風呂などで温めないことが大切です。痛みがやや和らいだら、腰用のサポーターやコルセットで固定してから受診しましょう。保存的療法の場合は、腰を引っ張って伸ばすようにすると痛みが和らぎます。例えば立った状態から前に上体を曲げるだけでも随分違います。歩いていて痛みが出た時には一時座って休むと痛みが引きます。

腰痛の原因

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎内の椎間板が飛び出してしまった状態のことです。これは1ヶ所だけでなく、数ヵ所同時に見られることもあります。そしてこのヘルニアが神経を圧迫するために痛みや手足の痺れを起こします。腰痛だけの場合や歩行困難がない場合などは治療も服薬や牽引などの保存的療法が選ばれます。手足の痺れがひどい、歩行困難がある場合には、手術による治療が必要になります。まず腰椎椎間板ヘルニアがどの程度の大きさなのかなど検査し、内視鏡手術にするか、切開術にするかが選ばれます。内視鏡手術ならば身体への負担も小さくて、高齢者でも受けられます。手術後は、しばらく痛みや痺れが残る場合があります。それは治療の失敗ではなく、長い間神経が圧迫され続けたためのものなので神経の伝達をよくするビタミンBの薬を服用して経過を見ることになります。

強いめまいと耳の辛い病気

耳

メニエール病は強いめまいが繰り返し起こる辛い病気です。それに耳鳴りや難聴などの症状もあわせて起こります。原因ははっきりわかっていませんが、ストレスが大きく影響していると考えられています。治療法として主に薬が使われますが、漢方薬でゆっくり治す方法も人気があるそうです。

もっと見る

リンパ球のがんを治す方法

カルテと聴診器

血液のがんでも白血病と並んで代表的な例が悪性リンパ腫です。この病気になるとリンパ球ががん化して異常増殖し、リンパ節などが痛みもなく腫れてきます。放射線治療と抗がん剤治療の効果が期待できるため、固形がんよりも治りやすいと言えます。発熱や全身倦怠感などの症状は風邪に似ているので注意が必要です。

もっと見る

二通りのがんワクチン

シニア夫婦

樹状細胞療法には、手術の際に患者の体から切除したがん組織を使って作ったがんワクチンを使う方法と、合成して作ったがんワクチンを使う方法とがあります。それぞれにメリットがあるので、医師によく説明してもらうことが大切です。

もっと見る